決断八方ふさがりの末 舛添氏、谷垣降ろし空振り(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 24日 懸賞

 自民党内で執行部批判を繰り返してきた舛添要一前厚生労働相が、「離党−新党結成」にかじを切った。最近の舛添氏の言動に批判的な声が党内で高まり、党活動が「八方ふさがり」に陥り、追い詰められた末での決断ともいえる。自民党にとっては舛添氏を最後に離党騒動が収まれば党結束につながるものの、各種世論調査で「次期首相候補ナンバーワン」を失う打撃は少なくない。

 「当然、私が党首になるから『舛添新党』だ」

 舛添氏は21日夕、記者団に新党への決意を示した。

 世論調査での「舛添人気」の背景には、学者時代からの知名度に加え、厚労相時代に新型インフルエンザ問題などで陣頭指揮をとったことからリーダーとしての期待の高さがある。当初、舛添氏はこの人気を追い風に支持率が低迷する谷垣禎一総裁に代わって、党総裁の座に就くことをねらっていたようだ。

 ■風あたり、一気に

 舛添氏は、昨年末ごろから「やるべきことは自民党の再生ではなく新生だ」と抜本的な党改革を訴え、今年になると執行部一新を求める発言も飛び出した。若手落選議員らを集めた「舛添政治カレッジ」を設立し、郵政民営化推進や経済成長戦略などを掲げた「経済戦略研究会」の会長にも就くなど、党内での支持基盤固めにも余念がなかった。

 もっとも、谷垣降ろしの動きは思ったよりも広がらず、与謝野馨元財務相らが10日に「たちあがれ日本」を結成すると、舛添氏への党内の風あたりは急速に強まっていた。橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事との連携の動きがわかると、「党の議論に参加せず、東国原氏や橋下氏と議論するのは政党人としてどうか」(石破茂政調会長)、「オオカミ中年」(後藤田正純衆院議員)と批判され、除名要求まで出た。

 関係者によると、舛添氏は、経済戦略研の発足時のメンバーである菅義偉元総務相らにも新党結成を呼びかけたが、菅氏らは同調しなかった。菅氏は21日夕のBS11の番組収録で「舛添氏は参院選が大事、私は政権交代のため衆院選に力点がある。私は自民党を内部から変えたい」と語った。

 ■「党の顔」失う自民

 党執行部にとって、舛添氏の離党は織り込み済みともいえるが、これまで地方選では「舛添人気」を利用してきたこともあり、「党の顔」が抜けることで、参院選の戦略が狂いそうだ。同時に舛添氏が去っても執行部批判が収まる様子はなく、悪循環を断ち切れる見通しも立っていない。

 新党に参加する予定の矢野哲朗参院議員らも、政治とカネの問題を抱える鳩山政権を追及しきれない参院執行部への不満が離党を決断する要因となった。矢野氏は今月に入って、参院執行部の刷新と舛添氏の参院議員会長就任を画策した。趣旨への賛同は集まったものの、参院選前の混乱は回避したいと実現に必要な人数をそろえるまでには至らず断念した。

 今回は参院選を前に離党を保留したものの、今後「舛添新党」の人気が上がれば、新党入りする議員が続出する可能性もある。

女子高生80人「痴漢と戦います」撲滅へ出発式(読売新聞)
宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる(産経新聞)
横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
<インサイダー容疑>あおぞら銀行員を立件へ…東京地検(毎日新聞)
<雑記帳>猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
[PR]

# by y10wxia2uc | 2010-04-24 19:34

成田で欧州便運航再開、寝泊まり外国人安堵(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 22日 懸賞

 アイスランドの火山噴火の影響で欧州便の欠航が続いていた成田空港では21日、運航再開の動きが本格化した。

 日本の航空会社では全日空も同日から、ロンドンやパリ、フランクフルトに向けた便が再開。空港内で寝泊まりを続けていた外国人らの出国も相次いだ。

 日本航空も21日、ロンドン、パリ便などが新たに運航を再開し、全日空便と合わせ、成田空港発着の欧州便計18便を運航させる予定。国土交通省成田空港事務所によると、同日の欠航は出発3便、到着7便の計10便のみとなった。

 空港内で4泊したブラジル人の男性(36)はドイツ経由でブラジルに帰国できる航空券を入手。「やっと空港から出られる。本当に良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべていた。

橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相(産経新聞)
雑記帳 「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
「借りたカネは返すな!」の著者の初公判、法人税法違反など否認 さいたま地裁(産経新聞)
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ(産経新聞)
[PR]

# by y10wxia2uc | 2010-04-22 01:43

ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)

懸賞 2010年 04月 20日 懸賞

 日本航空は19日、アイスランドの火山噴火の影響で欠航していた路線のうち、ローマとモスクワを同日出発する成田空港行きの2便の運航を決定した。15日以来4日ぶりの運航再開となる。
 日航は「噴煙による空域の制限を避けて運航が可能と判断した」としている。ローマ便は日本時間午後11時50分(現地時間午後4時50分)に出発し、20日午前11時55分に成田着。モスクワ便は午後11時5分(同午後6時5分)出発で、20日午前8時25分到着の予定。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
出張者15人、火山噴火で足止め=東電

口座指定し現金要求=元常務理事「ちゃんとやる」−家具厚生年金基金汚職・警視庁(時事通信)
<千葉障害者準強姦>被告に懲役8年求刑 起訴内容認める(毎日新聞)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
虐待 老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
[PR]

# by y10wxia2uc | 2010-04-20 01:42

飛行船 東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)

懸賞 2010年 04月 13日 懸賞

 東京タワーや六本木ヒルズ、建設中の東京スカイツリーなど、東京の名所上空を世界最大の飛行船で巡る遊覧クルーズが10日、誕生した。

 運航するのは日本飛行船(東京都中央区)で、ジャンボ機に匹敵する長さ約75メートルのドイツ製飛行船「ツェッペリンNT」を使い、高度約600メートルを時速約65キロで飛ぶ。

 初フライトは招待客を乗せ、午後4時過ぎ、中央区の晴海ふ頭を出発。ふわりと浮き上がった飛行船は、ゆっくりと上昇し、約40分かけてコースを周遊した。機内は離着陸時を除いて立ち歩くことができ、小窓も開く。上空から見た上野公園は、まだ桜の花が残り大勢の人たちが花見をしている様子が見えた。乗客の西東京市、会社員、川崎純夫さん(52)は「静かでゆったりと風景を楽しめた」と満足そうだった。

 昼間飛行の料金は1人6万3000円、夜間は6万8000円。問い合わせは同社(0120・680004)まで。【野口由紀】

【関連ニュース】
東京スカイツリー:全盲の歌手が「音頭」歌う がんと闘い
花見:スカイツリーの下で 東京の新名所に
東京スカイツリー:東京タワー抜く 高さ338メートルに
東武ワールドスクウェア:ミニでものっぽ「スカイツリー」
余録:スカイツリー人気

車いすのジャズピアニスト、演奏再開「今度は誰かを救いたい」(産経新聞)
「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(産経新聞)
男児保護に協力の男性に感謝状(産経新聞)
元日に近鉄社員が勤務中飲酒 車庫内で電車運転(産経新聞)
野口聡一飛行士 宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)
[PR]

# by y10wxia2uc | 2010-04-13 02:56

与謝野氏らとの連携否定=「コップの中の争い」と静観−民主(時事通信)

懸賞 2010年 04月 08日 懸賞

 民主党は、新党結成に向けて自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相らの動きを「自民党のコップの中の争い」(中堅議員)として、政局や夏の参院選に大きな影響はないとみて静観している。幹部や閣僚からは与謝野氏らとの連携を否定する声が相次いだが、参院選後の政界再編もにらみ、与謝野氏らの動向や自民党の対応を注意深く見極めようとしている。
 民主党の輿石東参院議員会長は3日、甲府市内で記者団に「他党のことや人の発言の言葉尻を批判している暇はない。政権与党はスピードと結果が問われる。参院選に向けて政策で勝負していく」と強調した。細野豪志副幹事長も取材に対し「自民党の動きに惑わされることなく、政権政党としての成果を積み上げていく」と語った。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<詐欺容疑>警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ジェフリーさん、宮本常一の「忘れられた日本人」を米国で出版(毎日新聞)
改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)
鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
[PR]

# by y10wxia2uc | 2010-04-08 03:27