与謝野氏らとの連携否定=「コップの中の争い」と静観−民主(時事通信)

懸賞 2010年 04月 08日 懸賞

 民主党は、新党結成に向けて自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相らの動きを「自民党のコップの中の争い」(中堅議員)として、政局や夏の参院選に大きな影響はないとみて静観している。幹部や閣僚からは与謝野氏らとの連携を否定する声が相次いだが、参院選後の政界再編もにらみ、与謝野氏らの動向や自民党の対応を注意深く見極めようとしている。
 民主党の輿石東参院議員会長は3日、甲府市内で記者団に「他党のことや人の発言の言葉尻を批判している暇はない。政権与党はスピードと結果が問われる。参院選に向けて政策で勝負していく」と強調した。細野豪志副幹事長も取材に対し「自民党の動きに惑わされることなく、政権政党としての成果を積み上げていく」と語った。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<詐欺容疑>警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ジェフリーさん、宮本常一の「忘れられた日本人」を米国で出版(毎日新聞)
改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)
鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
[PR]

by y10wxia2uc | 2010-04-08 03:27

<< 飛行船 東京の名所を巡る遊覧ク...   首相「私という政治家がいなけれ... >>