<日仏外相会談>イラン核拡散問題で米仏などに理解示す(毎日新聞)

懸賞 2010年 03月 25日 懸賞

 岡田克也外相は18日夜、フランスのクシュネル外相と東京・麻布台の外務省飯倉公館で会談した。イランの核拡散問題について、岡田氏は「4月から日本は国連安保理議長国として重要な役割を果たす。安保理で(制裁を)決めれば実施をちゅうちょしない」と述べ、イランへの新たな国連制裁を主張する米仏などに理解を示した。

【関連ニュース】
岡田外相:程・新駐日中国大使の表敬受ける
岡田外相:ハイチ訪問へ 3月20日に被災地を視察
普天間:政府方針 岡田外相がゲーツ米国防長官に伝達へ
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求
岡田外相:元駐日中国大使の王毅氏と会談 台湾政策で議論

京都−門真 第二京阪が全線開通(産経新聞)
【弔い最新事情 墓はどこに】(中)形態多様化 思いは不変(産経新聞)
<強風>杉の木が倒れ石灯ろう壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
ダンプ運転手を書類送検=1月の特急衝突事故−北海道警(時事通信)
平均風速、全国26地点で観測史上最大(読売新聞)
[PR]

by y10wxia2uc | 2010-03-25 13:16

<< 不明の女子高生か、雲仙で遺体発...   通天閣ロボ 大阪PR「どこでも... >>