<交通違反>同僚妻見逃し 署課長ら8人送検 2人は停職(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 22日 懸賞

 同僚の妻のスピード違反を見逃すよう指示したとして警視庁は19日、小平署交通課長の警部(58)を犯人隠避容疑で、見逃しを依頼したとして夫で同署警務課長代理の警部(49)を同教唆容疑でそれぞれ書類送検したと発表した。同庁は課長と課長代理を停職1カ月の懲戒処分とし、2人は同日辞職した。また、ほかに見逃しに関与した署員6人も犯人隠避や虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検した。

 同庁によると、課長代理の妻は09年5月31日午前10時40分ごろ、宿直明けの夫を車で迎えに行く際、東京都小平市の都道(制限速度40キロ)を六十数キロで走行しているのを同署交通課員に発見された。妻から連絡を受けた課長代理は「どうにかならないか」と現場の交通課員の携帯電話に電話し依頼。交通課員から電話連絡を受けた交通課長は反則切符を切らないよう指示した。

 09年9月ごろ、見逃しのうわさを聞いた同署幹部が事情聴取し不正が発覚。交通課長は「同僚の家族を取り締まることは何となく忍びないと思った」と供述しているという。

 同庁の桜沢健一警務部参事官は「交通取り締まり業務の根幹を害する行為であり、厳正に処分した。職員への指導・教養を徹底し再発防止に努める」とのコメントを出した。【川辺康広】

【関連ニュース】
信号無視容疑:検問突破の女、衝突事故後もなお逃走 札幌
図師県議の無免許運転:検挙の県議に辞職勧告 賛成多数で決議可決 /宮崎
アーバン5作戦:冬季の事故撲滅へ展開−−千葉市内5署と県警交通機動隊 /千葉
コンテナ転落事故防止:県警が清水港で講習会 /静岡
無免許運転:弟の名かたる 容疑で会社社長逮捕−−熊本東署 /熊本

救急・産科などに手厚く、診療報酬改定を答申(読売新聞)
宿泊場所1万7000人分提供=年末年始の困窮者対策実績−政府(時事通信)
「乗り方悪い」と自転車の男児転ばせる 容疑の男を逮捕 (産経新聞)
<子ども手当>11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定(毎日新聞)
45歳エロ医師“本番”拒否のデリヘル譲を日本刀で脅す(スポーツ報知)
[PR]

by y10wxia2uc | 2010-02-22 04:27

<< 印刷局、財務省に戻すことも=独...   留置場で花札、黙認した警部補ら... >>