留置場で花札、黙認した警部補ら3人を処分(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 20日 懸賞

 新潟県警は12日、留置場で容疑者らが花札で遊んでいるのを黙認したとして、新潟東署留置管理課係長の男性警部補(57)と、同課主任(当時)の男性巡査部長(30)を戒告の懲戒処分とした。

 上司だった同課長(当時)の男性警部(53)も監督責任を問い本部長訓戒とした。

 発表によると、警部補と巡査部長は昨年2月上旬〜3月26日、それぞれ別々に2〜3回、同署の留置場で、容疑者の男ら3人が花札で遊んでいたのを確認したのに注意せず、上司にも報告しなかった。2人は、「物音を立てずにおとなしく遊んでいたので見過ごしてしまった。申し訳ない」と話しているという。

 男3人は同じ部屋に留置されており、うち1人が手紙用の便せんの厚紙を素手で切り、フェルトペンで絵や数字を描いて花札を自作。夕飯から就寝までの午後8時前後に約1時間、10回程度遊んだという。同月26日に別の男性警部が留置場を巡視中、花札で遊んでいる男らを発見し、県警が内部調査を進めていた。

 留置場では、花札遊びなどの勝負事は「風紀を害する行為」として、刑事施設受刑者処遇法に基づく細則で禁じられている。警察官は発見した場合、上司への報告が義務づけられている。

<雑記帳>新作パズル テーマは萌えキャラ(毎日新聞)
<民主党>企業献金「禁止」を強調(毎日新聞)
ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待−中部大(時事通信)
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け−「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
<端午の節句>サトウハチローの詩で童謡、CDなど寄贈へ(毎日新聞)
[PR]

by y10wxia2uc | 2010-02-20 14:48

<< <交通違反>同僚妻見逃し 署課...   <火災>名古屋市緑区でアパート... >>